Home 製品・サービス Kaspersky Endpoint Security for Business

Kaspersky Endpoint Security for Business

「Kaspersky Endpoint Security for Business」とは?
Kaspersky Endpoint Security for Business Selectは、PC、モバイル、サーバーとエンドポイントを幅広く保護する他、 アプリケーション、デバイス、ウェブ使用のコントロール機能で強固なセキュリティを実現します。


詳細は製品サイトでご確認ください。
主な特徴
  • クライアントPC向けマルウェア対策
  • ファイルサーバー向けマルウェア対策
  • モバイルセキュリティ
  • コントロール(アプリケーション、デバイス、Web)
  • 統合管理

クライアントPC向けマルウェア対策
  • ファイルアンチウイルス機能による、コンピューターのファイルシステム感染の防止
  • 個人情報を盗み取るフィッシングサイトや、ウイルスに感染させる危険なWebサイトへのアクセスをブロック
  • 受信/送信メールをスキャンし、マルウェアの脅威から守る
  • 最新のマルウェアや脅威への迅速な対応を実現
  • ぜい弱性を調べてレポートおよびぜい弱性を悪用した攻撃のブロック
  • アプリケーションに割り当てられている「信頼レベル」に従って、動作を制限
  • PCが外部から攻撃された場合、攻撃元からのネットワーク接続をブロック

  • ファイルサーバー向けマルウェア対策
  • 主要なサーバープラットフォームを幅広くサポート
  • マルウェアの脅威からファイルサーバーを強力に保護
  • 脅威の内容に応じた対応の設定
  • システムパフォーマンスへの影響を最小限に抑制
  • VMware 仮想化環境に対応

  • モバイルセキュリティ
  • ファイルや新しいアプリをリアルタイムにスキャンし、Android端末をマルウェア感染から強力に保護
  • 危険なWebサイトのブロック
  • 指定したカテゴリに該当するアプリの起動を制限および起動時におけるユーザー認証設定やアプリデータの暗号化
  • リモート操作による端末のロック等の紛失・盗難対策
  • モバイル端末利用者向けのポータルサイト構築
  • デバイスおよびモバイルデバイスの管理
  • Google Cloud メッセージング(GCM) との連携
  • Root化/Jailbreak(ジェイルブレイク)の検知

  • コントロール(アプリケーション、デバイス、Web)
  • 柔軟なアプリケーションコントロール機能による、システム上で実行するアプリケーションの詳細制御
  • 動的なホワイトリスト
  • デバイスやバスの種類、またはデバイスのシリアル番号によるデバイスのアクセス権限のコントロール
  • 特定のWebサイトやカテゴリのサイトへのアクセス制御

  • 統合管理
  • 統合管理コンソールによる管理端末の一元管理
  • グループごとのセキュリティ設定の配信やタスクの実行
  • 管理端末のステータスを監視し、対象の端末と問題に関する情報を管理者に通知